アメリカ女性流のスキンケアで乾燥対策

寒くなってきて乾燥肌に悩む女性はたくさんいます。
保湿クリームなどを塗ってもなかなかもっちり肌をキープするのは難しいものですが、こんな悩みを抱えているのは何も日本の女性だけではありません。
アメリカ女性も乾燥肌の悩みは同じで、さまざまな手を使って乾燥肌のケアをしてるのです。
ここでは、アメリカ女性流の冬のスキンケアをいくつか紹介しましょう。
普段のスキンケアに少し手を加えるだけでもっちり保湿肌になるのですから是非お試しを。
まず、寒い季節に美肌をキープするためには肌を温めることが重要です。
これまではお湯の蒸気を利用して肌を温めるのが米国流でしたが、最近はハーブを使うのが流行っています。
やり方は洗面器に熱いお湯とハーバルティを入れて15分間その蒸気を顔に当てるだけととっても簡単です。
頭から大きめのタオルをかぶれば、、顔にまんべんなく蒸気が当たります。
お湯だけより、肌のトラブルを抑えたり肌を柔らかくする効果のあるハーバルティのほうが美肌効果も高まります。
使用するハーブはカモミール、ローズ、ラベンダー、マリーゴールド、フェンネル、ネトルなどがおすすめで、温める前に肌にオイルをつけるとさらにいいそうです。
オイルが温められて肌に浸透するので、この方法を使ったあとはもっちり、ツヤツヤ、さらに乾燥しらずになるなどいいことづくめです。
また日頃洗顔や角質の除去を行なっている人も、お肌の乾燥時期になると保湿のほうがメインになりがちではありませんか。
でも、肌が乾燥しやすい時期はターンオーバーが乱れやすい時期でもあります。
したがって新しい細胞に生まれ変わるのが遅くなり古い細胞のまま留まる傾向にあるので、そんな細胞にたっぷりな保湿対策をしてもあまり効果はないということになります。
ですから保湿の前に肌のターンオーバーを促すためにも角質除去を行なうのが先決です。
そうすれば新しい細胞に生まれ変わるだけでなく、保湿アイテムを使った場合の保湿成分の浸透がよくなるというメリットもあります。
とはいえ、乾燥している肌に強力な角質除去アイテムを使用すると刺激が強すぎて肌が傷つく恐れもあります。
乾燥の激しい冬には、普通の肌の人も敏感肌用のアイテムを使用するほうがいいでしょう。
乾燥肌対策には保湿クリームだけで対応というだけでは不十分です。
これらのケアを行なうことで、乾燥知らずのもっちり肌を手に入れることができますよ。

関連記事

    None Found